ソーシャルレンディング比較,maneo/マネオの特徴で低金利ローンを借りるP2Plendingで投資する,融資仲介サービス、審査基準

ソーシャルレンディング情報・比較
ソーシャルレンディング情報・比較 ソーシャルレンディングランキング ソーシャルレンディングで借りるには maneo ソーシャルレンディングの注意点 投資するには

ソーシャルレンディングで低金利ローンを借りる・投資する

                                                 
 ソーシャルレンディング情報 maneo/マネオの特徴


国内のソーシャルレンディングの草分け的存在のmaneo(マネオ)

maneo(マネオ)は、オークション型のソーシャルレンディングですが、その手法は2008年10月の開業から変わってきたようです。

スタート当初は、「2011年末に融資残高300億円」という目標を掲げ、純然たるオークション型のソーシャルレンディングのマーケットプレイスとしてスタートしました。

この、オークション型のソーシャルレンディング・マーケットプレイスは、大きな間口で多くの人に参加してもらうために、審査はあるものの、その審査基準は比較的ゆるいものでした。

その結果、2009年後半に延滞が増加し、、中には詐欺が疑われる案件もあったそうです。

60日以上の延滞債権の発生率は、一時は6.7%まで上昇し、支払いの遅延についてネットの書き込みでも見受けられました。

そこで、借り手の利用審査を厳しくしたため、延滞率は下がっていくと予測しています。

審査を厳しくすると、当然のことながら、借り手の新規登録者数は減ってきます。

そこで、maneo(マネオ)はフランチャイズ事業を展開する企業と提携し、フランチャイジーとして開業するオーナーに対して、開業資金を集めるためにmaneo(マネオ)を紹介しています。

この方法ですと、資金用途もはっきりしていますし、借り手の身元もはっきりできるという利点があるのです。

>>>普通ローンのランキング >>>ソーシャルレンディングやローンの比較


 ソーシャルレンディング情報・比較のサイトマップ
maneo /  ランキング /  比較 /  借りる /  投資する /  リンク集 /  サイトについて /  サイトマップ
Copyright (C) 2010 ソーシャルレンディング情報・比較, All rights reserved.